本文へ移動

特別養護老人ホーム平成苑

現在、平成苑では80名のお客様が生活しております。365日24時間、職員がお客様個々に合わせた処遇を始めとする、各サービスを提供しております。特別養護老人ホームは病院ではありません。お客様の個性やプライバシーを尊重し、毎日の生活のお手伝いを致します。また夏祭りや敬老会、クリスマス会などのイベントを通じ、お客様の方々、ご家族との交流も行っており、皆様が笑顔で毎日を楽しく過ごして頂けるよう取り組んでいます。
食事や排泄、入浴等、私達が普段生活する上で行っている生活動作の全てを
24時間体制でお手伝いをいたします。

充実したケア

万が一、病気になった際には、協力医療機関へ看護スタッフが同行して受診に参ります。
お客様が安心して暮らせる生活空間や、一人一人に合ったケアの提供を目指して努力しています。また、個性やプライバシーを尊重しながらも、行事などを通じ、お客様間の交流を図っています。
「明るく・楽しく・元気よく」をモットーにお客様一人一人が心から生活を愉しみ、生きていく喜びを実感できるよう、お客様のご希望を伺いながら、ご家族様とも相談させていただき、お客様の身体機能・認知症機能に合わせた最適なサービスを提供できるよう努力しております。
地域福祉の拠点として、ふさわしいサービスができるよう、介護スタッフが一丸となって研鑚しております。

施設概要

開設年月日平成11年11月4日
建物の構造鉄筋コンクリート地下1階3階建
定員80名(ショートステイを含めると90名)
居室4人部屋9室36名 2人部屋17室34名 個室20部屋20名
設備医務室、静養室、食堂、機能訓練室(食堂と兼用)、談話室、一般浴、機械浴

利用対象者

65歳以上で、介護保険の要介護認定を受けておられ、要介護認定が要介護3から要介護5(要介護1と2は特例要件に該当する方)で、状態的に介護が必要、認知症により日常生活が困難な方。

サービス

「日常生活に関わる全て」に職員がお手伝いさせて頂きます。

生活

・お客様の状況に応じて適切な排泄介助を行うと共に、排泄の自立についても適切な援助を行います。
・寝たきりの防止の為、出来る限り離床に配慮します。
・生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行い、適切な整姿整容が行われるように援助します。

食事

・管理栄養士が食事のバランスを考えて、毎日美味しい食事を提供いたします。
 食堂に集まり、お客様同士がお話をする等、楽しい時間を提供したいと心掛けています。
・介助が必要なお客様に対しては、介護職員がお手伝いさせてもらいます。
・糖尿食、経管栄養食等の治療食を提供します。また食事の形態についても、お客様に合わせた物を提供させてもらいます。

入浴

・機械浴と一般浴を用意しています。
・機械浴は車椅子式とストレッチャー式の2台を用意しています。足の不自由なお客様は車椅子のまま、寝たきりのお客様はストレッチャーで安心して入浴できます。
・一般浴は複数人から一人で入れる浴室を用意しています。
・介助が必要なお客様に対しては、介護職員がお手伝いさせてもらいます。

 

居室

・天井を高くし窓を大きくしたので、太陽の光が差し込む、清潔感ある居室で気持ち良く過ごして頂けられると思います。
・各居室には洗面台を設置、お客様各々には電動ベッド、チェスト、テレビを設置しております。

健康

・4名の看護職員による、日々の薬の管理や健康管理を行います。
・提携している協力病院を利用してもらいます。毎週、協力病院から医師が往診に来ます。
・お客様の病的状況においては、看護職員が付き添いの元、協力病院や専門病院への受診も行います。

行事

・年間を通じて、介護職員が中心となって行事を企画し実施します。
・個々の買物外出から全てのお客様合同で行う夏祭り、敬老会、クリスマス会を行います。

生活上の便宜

・ 介護保険の更新申請など、行政機関に対する手続きが必要な場合には、ご家族の状況によっては、代わりに行います。

 

持ち物

洗面道具、着替え、愛用の杖、車椅子などを持参ください。

・ 環境が変わると寝付けないという方もいらっしゃいます。愛用のタオル、タオルケットなど持参して頂けると安眠して頂ける場合もございます。

薬については、協力病院の往診が来るまでの間のお薬の持参をお願いします。

利用料金

介護福祉施設サービス費【個室・多床室】

【1割負担】
介   護   度単 位 数 / 日金   額 / 日
要 介 護 15 7 35 8 1
要 介 護 26 4 16 5 0
要 介 護 37 1 27 2 2
要 介 護 47 8 07 9 1
要 介 護 58 4 78 5 9
(単位:円)
 
【2割負担】の方は、金額の2倍(×2)になります。
【3割負担】の方は、金額の3倍(×3)になります。
 
※合計単位数に単価(10.14円)を乗じる為、端数が生じます。

加算 介護保険適応分

【1割負担】

加 算 サ ー ビ ス 種 類単位数/日金 額/日
看護体制加算Ⅰ2
看護体制加算Ⅱ2
夜勤職員配置加算Ⅰ21314
日常生活継続支援加算Ⅰ3637
認知症専門ケア加算Ⅰ(対象者のみ)
褥瘡マネジメント加算(対象者のみ)
褥瘡マネジメント加算(対象者のみ)1314
安全対策体制加算(対象者のみ)2021
科学的介護推進体制加算5051
療養食加算(対象者のみ)6(1食)7(1食)
外泊時費用(対象者のみ)246250
初期加算(対象者のみ)3031
介護職員処遇改善加算Ⅲ3.3%3.3%
介護職員特定処遇改善加算Ⅰ2.7%2.7%
(単位:円)
 
【2割負担】の方は、金額の2倍(×2)になります。
【3割負担】の方は、金額の3倍(×3)になります。
 
※合計単位数に単価(10.14円)を乗じる為、端数が生じます。

① 24時間看護職員との連絡体制を整え、夜間急変時にも対応できます。
② 入院、外泊(1ヵ月に6日以内)中は、外泊加算になります。
③ 入居後30日に限り、初期加算があります。
④ 長期入院(30日以上)を終え、再度入居する場合にも初期加算があります。
⑤ 介護福祉士による、日常生活の継続を支援します。
⑥ 基準より多い介護職員数による、夜間帯の介護を行います。
⑦ 退居時相談加算があります。これは前後日にも該当します。
⑧ 他施設への転居の際には、その施設との連携を図ります。
⑨ 管理栄養士による献立を立てます。
⑩ 管理栄養士による低栄養を予防するマネージメントに加算があります。
⑪ 医師の指示する食事せんに基づき提供された食事については、療養食加算になります。

⑫ 療養食加算は1食あたり6単位(1割7円 2割13円)になります。上表は3食食べたものとして計算しております。
⑬ 入居者本人またはご家族の希望により、当苑での看取りを希望される方については、看取り加算があります。
⑭ 介護度が軽くなり、在宅での生活を希望される方の支援については、在宅復帰支援機能加算があります。
⑮ 認知症の専門研修を受講した職員を配置し、認知症専門ケアの加算があります。

居住費(滞在費)

段 階部 屋 別基準費用額うち介護保険うち利用者負担
第1段階
個 室
多床室
1171
855
851
855
320
第2段階
個 室
多床室
1171
855
751
485
420
370
第3段階
個 室
多床室
1171
840
351
485
820
370
第4段階
個 室
多床室(2人部屋)
多床室(4人部屋)
1830
1160
890
1830
1160
890
(単位:1日/円)

食 費

段 階基準費用額うち介護保険うち利用者負担
第1段階14451145300
第2段階14451055390
第3段階1445
①795
②85
①650
②1360
第4段階14451445
(単位:1日/円)
※食材の仕入れの都合上、3食のうち朝・昼・夕のいずれか1食を召し上がった際、食費全額を頂きます。

介護保険適応外分(全額負担)

サービスの種類金  額内   容
特別食の提供実  費 経管栄養の為の濃厚流動食等(薬価以外)
持込電化製品設置費用
月1000
(電気料含む)
 持込家電製品1台につきの料金
【持込出来る家電製品】
 扇風機・加湿器・吸入器・録画プレーヤー
 音楽プレーヤー・ラジオ・パソコン・携帯電話
 電気ポット
 ※携帯電話は居室のみで使用になれます。
 ※電動歯ブラシ・電動カミソリは整容品として
  電化製品には含みません。
金銭管理月500 預金・現金の管理、支払の代行
希望する病院への通院
片道500
介添え1000
 病院までの送迎料金
 病院での介添え料金
レクリエーション費用実  費
 クラブ活動の材料費、有料施設利用料・交通費
 希望参加の費用
 ※予め希望を募って実施します。
理容・美容実  費
 理容ボランティア 1300
クリーニング実  費 当方の洗濯が困難で外部へ依頼したもの
(単位:円)
※実費については、ご利用の都度お支払い下さい。

入居に当たっての留意点

・お客様は努めて健康に留意して頂きます。
・健康状態に異常がある場合には、その旨申し出て頂きます。
・けんか、口論、泥酔等、他人に迷惑をかけないで頂きます。
・非常災害対策に可能な限り協力して頂きます。

利用に当っての注意事項

・居室、共用施設、及び敷地をその本来の用途に従って利用して頂きます。
・施設、設備等について、ご自身の物と同様に大事に扱って頂きます。故意又は重大な過失により、滅失、破棄、汚染、変更した場合には、自己の費用により原状に復するか、又は相当の代価を支払って頂きます。
・サービスの実施及び安全衛生の管理上必要があると認められる場合には、居室内に立ち入り必要な措置を取らせて頂きます。その際には十分プライバシー等に配慮致します。
・面会時間は、午前8時00分~午後9時00分にお願いします。
・外出・外泊は、外出・外泊簿によりサービスステーションにお申し出下さい。(身体状況等により、お断りする場合もありますので、予めお電話下さい。)
・飲酒は、職員に確認・報告して下さい。
・喫煙は、決められた場所でお願いします。
・金銭・貴重品の管理について、お手元で保管されますと目が届きかねますので、ご家族か施設にお預け下さい。お手元で保管されたものにつきましては、自己の責任にて管理をお願いします。お手元で保管されたものの紛失等につきましては、当施設に一切の責任は無いものとします。
・大きい家具等を持ち込みますと緊急の際の障害にもなりかねませんので、ご遠慮下さい。
・宗教活動・政治活動は、ご遠慮下さい。
・ペットの持ち込み・飼育は、ご遠慮下さい。

一日の流れ

TOPへ戻る